MENU 閉じる
お問い合わせ メルマガ登録
ホームメディアニュース芸術新潮編集長から|人物から解く聖書早わかり

編集長から|人物から解く聖書早わかり

2020.12.25

人気の場面はだいたい決まっていて、登場人物もだいたい同じ。だからイエスとマリアのほか、十二使徒やイエスの父ヨセフといった主要人物のエピソードをゆる~く覚えておくだけで、キリスト教美術がグンと理解できるようになる。

 

たとえば、湖で溺れていたり、イエスに足を洗ってもらっている人物がいたら、それはおっちょこちょいペテロ。美しい女性のように描かれている若い男は、ナルシストな怒りん坊のヨハネだ。描写と人物のキャラクターがぴたっと結びついて、親近感をもって鑑賞を楽しめるに違いない。個性派ぞろいの主要キャストをユーモアたっぷりに紹介してくれるのは、上馬かみうまキリスト教会ツイッター部のMAROさんだ。

 

さらに、表現をめぐる驚きの事実を研究者たちが解説。イエスといえば長髪で髭をたくわえた壮年男性、という定番スタイルにたどりついた意外な背景。医学的・天文学的見地もふまえて磔刑図の謎を読み解く、ちょっと怖いレポートも必読です。

(編集長 吉田晃子)

 

芸術新潮 TOPページ